インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際

どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため様々な症例を診てきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。

それにとどまらず、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども重要なチェックポイントになります。

新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント

しかし、この治療法も決して万能ではなく、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

それは、誰にでも適用できる治療法ではないという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりする可能性は高いといえます。

注意してください。

現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくインプラントの埋入まで行けないこともあります。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であればまだあきらめなくて良いかもしれません。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療ができるようになっています。

あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことを勧めます。

インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根部が残っているかどうかの違いです。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が損なわれていなければ冠状の義歯としてクラウンをかぶせることが可能です。

その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯以外ですと、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。

インプラント治療を希望する代表例として、失った歯だけの治療で済ませたいといったケースです。

ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯のみに働きかける治療と言えます。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという希望がある方には他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。