インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントは無くなった歯を再

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、必ず守るようにしてください。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、段階が大きく3つに分かれます。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのが大まかなプロセスです。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

ですから、インプラント治療全体では要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなど、問題となる不具合が報告されています。

これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることのせいといえるでしょう。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科で治療を受けるようにしましょう。

どんなインプラントも虫歯の危険性は全くありませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスが必ず求められます。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため即刻診断を受ける必要があります。

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、しばらくの間、極力安静に生活を送ってください。

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、身体に負荷をかけるくらいの運動は当分控えてください。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、いつから再開して良いか、歯科医と話し合うと安心できます。