インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

人工歯としてのインプラントはしっ

人工歯としてのインプラントはしっかりと噛むことができ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはまた嬉しいですね。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに頑丈です。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることは本当に少ないという点です。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な感じを保てるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、義歯を入れたと気づかれることはほとんどありません。

前歯など、自然に見せたい歯の場合はおすすめしたい治療法です。

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。

なぜ適用されないかというと、インプラント治療をすすめようとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などよりコストがかかり、設備や技術も要するからです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

インプラントの特徴として虫歯を気にしなくて良いのですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスが必ず求められます。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。

感染が重篤化する危険性があるので早急に診察を受けましょう。

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、口の臭いが気になるようになったケースがたまにあるということです。

これはなぜでしょうか。

一つには、義歯と歯茎の間に歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているケースもあり得るのです。

そのようなケースでは、放っておかずに診察を受けてください。