インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

どうにも入れ歯がしっくりこない、

どうにも入れ歯がしっくりこない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に適用されるのがインプラント治療です。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつけるため、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を譲れない方にふさわしい治療です。

インプラントの利用を考える際に、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、人と状況によりけりなのです。

痛み止めの薬などを服用して、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。

混同されることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

まず、差し歯というのは、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

それに対して、インプラントというのは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、その部品の接続構造により、複数のタイプに分類することができます。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

よりメジャーである2ピースタイプは、そのコネクション部分の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

全てのインプラント患者にとって、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

この治療の費用は地域や、歯科医によって差があると考えるべきです。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的な相場とみて良いでしょう。