インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので術後の患者さんは、ほとんどが違和感を生じるのが当たり前の反応です。

腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてひたすら辛抱が大事です。

もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。

大至急歯科医にかかってください。

インプラント治療はかなりの技術を要するので、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題が起きる可能性もあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

骨との親和性が高くアレルギーも起こりにくいとされています。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的に治療をすすめていくので患者も納得し、安心して治療を開始できます。

それから、治療後には、メンテナンスを継続することによって安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

最近話題になることも多い治療法であるインプラント

ですが、難点もあるということに気を付けてください。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

とりわけ、歯周病顎関節症がある場合、治療を始める前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのがとても大事です。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療が事故につながる可能性があります。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで絶対治療できないとは言えません。

歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。