インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

重度の虫歯になってしまい、結局、歯を抜く

重度の虫歯になってしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され最終的にインプラントを選びました。

自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

インプラントで噛むようになり、しばらくして虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、麻酔のために入院することはまずありません。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。

そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、大がかりな手術を入院して受けることもあります。

このような難しい治療を行う場合、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスをしなくて良いということにはなりません。

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病を引き起こすこともあるのです。

残っている自分の歯と同じく、必要なお手入れをきちんと指導してもらい、完璧なセルフケアを目指してください。

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

長く根気のいるインプラント治療。

しかし、やっと治療期間が終わったといっても、ケアはそこで終わりではありません。

ずっと使い続けられるかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、その通りのケアを心がけてください。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、異常に気付くのも遅くなります。

担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから異常がなくても維持費は必要になります。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診を受けるように言われます。

メンテナンスの費用は保険適用の治療が基本となりたいていは三千円程度に収まります。

標準的には、一年に1万円から2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。