インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口の臭

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口の臭いが気になるようになったケースが歯科医院ではよくきかれます。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているケースもあり得るのです。

こうした症状に気付いたら、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療ができるようになっています。

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を調べ、 相談してください。

インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療は他の歯科治療と比べても高額です。

場合によっては、保険診療にもできるようですが、普通のケースではまず適用されず検査など、治療の一部しか保険がきかないのが負担が大きくなる原因です。

安くできるケースで十数万円、難しい治療を受けるケースではその数倍の出費もあることを重々承知しておいてください。

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活するよう気をつけてください。

日常生活には極端な制限はありませんが、日常生活以上の負荷がかかる運動は当分控えてください。

血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。

運動を習慣にしている方の場合は運動をいつ再開すべきか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材でできているからです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

もし金属アレルギーの不安があれば治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが一番良いでしょう。