インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入

インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れを必要としないということにはなりません。

インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

残存している歯と同様に必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

インプラント治療を始める前に治療にかかる費用は気がかりでしょう。

実は、かかる費用は統一されておらず、歯科医院によって相当な開きがあります。

保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に決められるのが建前です。

それでも、相場はあると言えます。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場です。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療後も快適な状態を維持するために不断のケアが求められます。

日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールは欠かせませんし、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが、インプラント維持のために必要です。

どんな堅牢なインプラントでも、ケアが十分でないと歯周病になることは珍しくありません。

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に口の臭いが気になるようになったケースが割と少なくないようです。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。

そのようなケースでは、放っておかずに診察を受けてください。

インプラント治療はかなりの技術を要するので、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものに関わる失敗、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目の問題が起きる可能性もあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はともかく慎重に決めてください。