インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

長く根気のいるインプラント治療。しかし、やっと治療期間

長く根気のいるインプラント治療。

しかし、やっと治療期間が終わったといっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。

治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。

正しい方法を歯科で教えてくれるので、必ず守るようにしてください。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。

インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復がその後の治療に関わる重要な問題です。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は相当の妨げになります。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療が無事終わるまでの間と思ってしっかり禁煙するべきでしょう。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

口を開けたところを見ればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優位に立ちます。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛い面があります。

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることは本当に少ないという点です。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くかなり自然にうつり、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればいかにも義歯だと思われることはほとんどありません。

前歯など、自然に見せたい歯の場合はおすすめしたい治療法です。

インプラント治療は、まず何が大切かというと、歯科医と、歯科医院の決め方です。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでとにかく数多くのインプラント治療にあたってきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。

それだけでなく、必要な費用についてきちんと話してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているいつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。