インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使って作られているためです。

インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。

全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安や誤解がないでしょう。

インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという場合があります。

例えば、ブリッジ治療をするためには義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

周辺の歯に影響を与えたくないという要望がある場合、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

どんな問題がインプラント治療にあるかを皆さん、入念に調べたと思います。

その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという問題はありませんでしたか。

それは本当のことではありません。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、そのため、MRI検査は問題なくできます。

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は決して看過できるものではありません。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることがその後の治療に関わる重要な問題です。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も例外なく阻害する働きをします。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙を決意してください。

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院して手術することはまれです。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院することや、複数の病院で手術することもあります。

もし、自分が該当すると思われるなら治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。