インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

検査から治療後のメンテナンス

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。

保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。

それでも保険適用外なのはこの人工歯治療は保険適用が可能な他の治療方法よりも時間も手間もかかるからです。

インプラントを埋め込む手術前後の処置や、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、時間に見合った医療費がかかります。

もしこの治療が保険適用だったら、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使っているためです。

インプラント治療は基本的に保険外治療でほぼ全額自費とみるべきです。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方がベストだと思います。

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。

場合によっては、保険診療にもできるようですが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

ほとんど全て自費診療だというのが負担が大きくなる原因です。

安い材質、安い治療で済ませても十数万円、困難な治療が含まれると費用はその数倍に及ぶことを重々承知しておいてください。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、デンタルケアを欠かさないことが重要です。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールは欠かせませんし、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが、インプラント維持のために必要です。

インプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが行き届かなくなると歯周炎などの可能性があります。

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響はかなり大きいというべきでしょう。

インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復がその後の治療に関わる重要な問題です。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などがかなりマイナスに作用します。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙あるのみです。