インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯根

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯根部が残っているかどうかの違いです。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が損なわれていなければ上から冠のような形のクラウン治療が可能になります。

抜歯した場合の選択は、入れ歯もありますが、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。

インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんからその費用もみておかなければなりません。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うことを指示されます。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいかかります。

標準的には、一年に1万円から2万円程度の費用を支払うことになります。

これはインプラント治療が最適、とされるのは周辺の歯に関係なく治療したいという場合があります。

ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯だけを根元から再生する治療になります。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという希望がある方にはインプラント治療を考えた方が良いですね。

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

実際のところ、費用の総額は統一されておらず、歯科医院によって相当な開きがあります。

何しろ、ほとんどが自由診療なので、金額は歯科医院次第です。

それでも、相場はあると言えます。

歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的な相場とみて良いでしょう。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療はブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんにお薦めします。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選択するという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

インプラントは入れ歯に比べ、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。