インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

様々な条件から、普通のインプ

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医の治療を受けようとすれば国外までも探しにいくということも考えていきましょう。

インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら安易に妥協せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすことが夢をかなえるためには大事です。

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材から作られています。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

もし金属アレルギーの不安があれば治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安や誤解がないでしょう。

数々のインプラント治療の問題点について、広く調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという話があったのではないでしょうか。

それは気にしないでください。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

インプラントには主にチタンが使われており、金属といっても磁気には反応せず、MRI検査への影響はありません。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間の経過ともに落ち着くのが多いです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、異変を感じた場合は速やかに歯科医の診断を受けることで早めの対応をしていきましょう。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、難点もあるということに気を付けてください。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあることです。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうことがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。