インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントは人工歯根に義歯を

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。

セラミックとは要するに陶磁器であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスを必要とする、高レベルな作業なのです。

もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、従来の金歯よりも高額になるのです。

インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は無視できないものがあります。

インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが次のステップに進むための条件です。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは例外なく阻害する働きをします。

インプラント治療の成功を願うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではつらくても禁煙するのが正解です。

インプラントはどのくらい保つのか、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが多くの意見です。

要するに、メンテナンスがしっかり行われていればかなり長い間保たせることができますが、ケアが十分でなければ歯周病など、異常が起こることがあるということを肝に銘じておくべきです。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント

その手術とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。

この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の高レベルの医療技術を欠かすことは出来ません。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。

人工歯としてのインプラントは虫歯の危険性は全くありませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングを忘れることはできません。

もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。

感染が重篤化する危険性があるので早急に診察してもらわなければなりません。