インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

誰でもインプラント治療ができるわけではあ

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。

その大きな原因は何といっても費用の問題でしょう。

保険適用のケースはほとんどなく、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差が出てきます。

また、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることはもちろんです。

治療が終わっても、ずっと定期検診がある点も知っておく必要があります。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、普通は再手術しか手段はなく、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

一本のインプラント治療にかかる費用は普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。

相場は地域によって異なります。

歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費には大きな開きがあります。

費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。

できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

忘れないで欲しいのはインプラント治療を受けた方からの評価です。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は無視できないものがあります。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが次のステップに進むための条件です。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは相当の妨げになります。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、治療が無事終わるまでの間と思って禁煙を決意してください。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント

その手術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の熟練の技が必要不可欠と言っても過言ではありません。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。