インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にそちらの病気を完全に治すのは必須です。

美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療にかなりの危険が伴います。

もちろん、こうした既往症があるだけで治療の可能性はゼロにはならないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、当然ながらデメリットもあります。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもあるのです。

加えて、治療が失敗して取り返しがつかない健康被害が起きる危険性も承知しておいてください。

本当に深刻な例では、手術後の死亡例もあります。

インプラント治療を検討している方、大事なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。

インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医がどのような技量を持っているかで差は大きいと断言できます。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法なのは明らかで、手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は極力安静を保って生活を送ってください。

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、明らかに負荷がかかるレベルの運動は控えることが望ましいです。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

運動を毎日のように行っている方は、いつから再開して良いか、歯科医と話し合うと安心できます。

重度の虫歯になってしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され自分の気持ちが固まりました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

インプラントで噛むようになり、しばらくして噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントにして良かったと思いました。