インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であ

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に出会おうとすれば、海外に渡ってでも治療を受けることも考えるべきです。

インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。

一生使える第二の歯を求めて、可能性を追求して、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることをがんばってみましょう。

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材から作られています。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費を覚悟しましょう。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくとベストだと思います。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるのが普通です。

腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてここはぐっと我慢してください。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、その原因を究明し、対応することが求められます。

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

よくいわれるインプラントのメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずないと考えてください。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くかなり自然にうつり、この歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯を入れたと気づかれることはまずないと思って良いでしょう。

費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療方法を選ぶべきでしょう。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを入れるという一連の治療は保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

全面的に保険がきくことにしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。