インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

皆さんが気にしているインプラント

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが一般的な説です。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間の使用も問題ありませんが、ケアが十分でなければインプラントの維持が難しくなってしまうと考えなければなりません。

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんが治療後はほっておいていいと思ったら大間違いです。

インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

自分の歯のお手入れと同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってまずは口腔内をきれいに保ってください。

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根が自分のものであるかどうかです。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部を支えとして残すことができれば上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療ができます。

抜歯した場合の選択は、入れ歯もありますが、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するというインプラント治療が候補となります。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

ケースによっては数十万円の負担になることも珍しくありません。

そして、治療にミスや失敗があるとかなり深刻な問題が起こることもあるというのも、デメリットの一つです。

本当に深刻な例では、治療によって死亡したケースもありました。

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の技量は厳しく問われるのでかなり治療実績には差があると考えられます。

インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと言えます。

良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラント治療の結果を左右するのです。