インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントとクラウンがどう違

インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が残せれば冠状の義歯としてクラウンをかぶせる治療ができます。

その一方で、歯を抜いてしまった場合もし、入れ歯を採用しない場合、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むというインプラント治療が候補となります。

インプラント治療には隠れたメリットがあります。

治療終了後、義歯だと気づく人はたぶんないでしょう。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにとってつけた感じにならず、他の人に自分から言う必要もないので義歯を入れたと気づかれることはいちいち考えなくて良くなります。

前歯など、自然に見せたい歯の場合は優先したい治療方法ですね。

インプラント治療を希望する代表例として、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいといったケースです。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、該当する歯の分だけ治療することになります。

両隣の歯は健常なので、削りたくないという事情のケースなら、やはりインプラント適用が一番でしょう。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント

その義歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

美的センスに加えて、熟練したスキルが要求される作業です。

いわば一点一点がオーダーメイドですから、インプラントに用いるセラミックの義歯は、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば従来はできないといわれていた症例でも治療できるところが増えてきました。

現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探して、問い合わせてみましょう。