インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使っているためです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費と考えてください。

もし金属アレルギーの不安があれば治療開始前に歯科医とよく話し合う方がベストだと思います。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療は他の治療が難しい患者さんに最適な治療方法になります。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多くを占めます。

入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地は自分の歯に近く食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント

その耐用年数は、ちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

ろくに歯磨きもしないでいると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、その分、人工歯の寿命が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。

どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのはどのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。

この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため成功例ができるだけ多い、経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

それはもちろんのこと、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、院内感染防止に努めている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、現状では確実な説はありません。

きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保つというのが多くの意見です。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期にわたって維持できますが、日頃のケアが行き届かないと維持できなくなる異常も起こりうるという押さえが必要です。