インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

最近よく聞くようになったインプラント。差し歯と

最近よく聞くようになったインプラント

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

当然、歯が全く残っていない状態では、差し歯は利用しようがないということです。

対して、インプラントは差し歯と異なり、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから当然、その度に費用を支払います。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医に診てもらうことになります。

定期検診にかかるお金は基本的に保険が適用されるので三千円程度かかることが多いです。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。

インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても根のケア次第で冠のような形の義歯をつくり、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

これに対し、抜歯した後は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を検討することになります。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は生涯持つと言われることが多いのですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、義歯の耐用年数自体も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、マイナスの部分も理解しておきましょう。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

高額のケースでは、数十万円必要になるケースもまれではありません。

加えて、治療が失敗して障害が残るような健康被害も起こりうるという重大な問題もあります。

まれな症例として、治療によって死亡したケースもありました。