インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリ

歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクはあります。

治療が失敗すると、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に生じた問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという審美的な問題が起こることもあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間が経つにつれておさまってくるケースが多いです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、インプラントがなじむまでの間は特に、歯科医の判断を仰ぐことが治療を成功させるために必要です。

インプラントは人工歯なので当然、虫歯にはなりませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を疑ってください。

自然に治ることはありませんので、即刻診断を受ける必要があります。

インプラント治療はどのような流れかというと、段階が大きく3つに分かれます。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

という流れは皆さん変わりません。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてからおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医に出会おうとすれば、海外に渡ってでも治療を受けるというのもありえます。

インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。

長期間快適に使える歯を手に入れるため、そう簡単に断念せず、可能な限りの情報を集めることをがんばってみましょう。