インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントの手術してからしば

インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間の経過ともに落ち着くのが自然な流れです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、異変を感じた場合はすぐに歯科医に連絡することを忘れないでください。

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗してもやり直しできないことが多い点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりあごの骨にインプラントを定着させるので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントの定着がみられなかった場合、再度、大がかりな手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

それに、埋入手術の際には周辺の神経を損傷する危険性もあります。

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に口臭を人から指摘されるようになったという件が割と少なくないようです。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、歯茎の合間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっていることも考えられるので、放置はできません。

より深刻な事態を食い止めるためにも、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、当然ながらデメリットもあります。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもあるのです。

あとは、治療が失敗したとき、健康被害が起きると、かなり深刻化するリスクも背負っています。

まれな症例として、手術後の死亡例もあります。

インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず当然、その度に費用を支払います。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

この定期検診に必要なお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず約三千円とみれば良いでしょう。

従って、年間1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。