インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

治療を始める前に必ず知るべきことですが

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、厳しい条件を満たさなければならず、治療のごく一部しか保険適用にならないのがどうしても高額になってしまう原因です。

安い材質、安い治療で済ませても十数万円、困難な治療が含まれると数倍の費用がかかるケースもあることをくれぐれも忘れないでください。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療中でも、治療後もそれとわかることはまずありません。

一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な感じを保てるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、もしかしたら義歯かと思われる心配もいちいち考えなくて良くなります。

自然な見た目を重視している場合、最適な治療と言えます。

手術によってインプラントを埋め込んだ後はしばらくの間、極力安静に過ごさなければなりません。

日常生活には極端な制限はありませんが、普通の生活を上回る強度の運動はしばらく行わないようにしましょう。

血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。

運動を毎日のように行っている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と確認しておけばベターです。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療は治療の選択肢がそれしかない患者さんにお薦めします。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどで必然的にインプラント治療になる患者さんが多くを占めます。

インプラントは入れ歯に比べ、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは噛んだときに安定しており、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもこの治療の良さでもあります。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れるのではと心配する必要はありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強いものでもあります。

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。