インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント手術の未経験者にとってどの

インプラント手術の未経験者にとってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

インプラント埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術の本番に入るためです。

術後、腫れがでるのに伴って痛くなってくることもあります。

痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。

もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから即刻診断を受ける必要があります。

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールを継続した上で歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが欠かせません。

インプラントが虫歯になることはありませんが、ひとたびケアの手を抜けば歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、デメリットも知った上で選択してください。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

高くついた場合、数十万円にもなることもあり得ます。

また、治療の失敗内容によってはかなり深刻な問題が起こることもあるデメリットも忘れないでください。

本当に深刻な例では、患者の死亡例も実際にあります。

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればかなり困難なケースでも治療できるところが増えてきました。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。