インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

普通、インプラント治療の全部が自

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の負担が重くのしかかる方もずいぶん見受けます。

それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名前をつけて分割払いに申し込める便利な歯科医院も多くなってきました。

手持ちの資金が十分でなくても、治療を始めることは十分可能になりました。

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院する必要はまずありません。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、大がかりな手術を入院して受けることもあります。

このような難しい治療を行う場合、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれており、それぞれ特性が異なります。

保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。

普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費には大きな開きがあります。

費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。

できればいくつかの歯科医院を比べ、治療を始めても、決して遅くありません。

チェック事項はいくつもありますが、まずインプラント治療を受けた方からの評価です。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが多いです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、特に手術後は、異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することに努めましょう。