インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療も万能ではなく

インプラント治療も万能ではなく、基本的にはインプラント以外の治療はできないという方に適用されます。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかないという患者さんに適用されるのが普通です。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地は自分の歯に近く食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

どんなインプラントも虫歯の危険性は全くありませんが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングが必ず求められます。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

よくいわれるインプラントのメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はまずありません。

一見したところ、自分の歯と同じくらい義歯に見えない自然さでこの歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯だと気づかれることもまずないと思って良いでしょう。

費用や期間より、見た目重視の方にとっておすすめしたい治療法です。

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、治療後のメインテナンス次第なのです。

口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材を用いているのです。

インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。

ほぼ全額自費とみるべきです。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。