インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントは歯根部がチタン製であることが

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーの発症例も少なくなっています。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで初めて治療開始となるので患者も納得し、安心して治療を開始できます。

そして、治療終了後のメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

長年放っておいた虫歯があり、結局、歯を抜くことになってしまいました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラントの方が良いと考えました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、治療後のメンテナンス次第で本来の歯同様の耐久性を得られるとされています。

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期にわたって維持できますが、ひとたびケアを怠れば歯周病など、異常が起こることがあるということを忘れてはいけません。

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。

また歯科医の評判によっても治療費の総額を決めることになるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療に取りかかることをすすめます。

忘れないで欲しいのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたって術中の痛みが怖いと思います。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で大して痛くないのが普通です。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術の本番に入るためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によってだんだん痛くなってくることもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。