インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブ

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

口を開けたところを見ればどちらかというとインプラントが良いと言えます。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるのが痛いところです。

技術の進歩した今では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それも皆無とはいきません。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、噛んでいるとグラグラしてしまうというケースも稀に報告されています。

これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに原因があると言ってよいでしょう。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯科で治療を受けるようにしましょう。

新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント

ですが、便利な反面、難点もあるということに気を付けてください。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になることがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に口の臭いが気になるようになったケースが歯科医院ではよくきかれます。

インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。

この原因としては、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっている場合もあり、単なる口臭と侮れません。

より深刻な事態を食い止めるためにも、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその費用もみておかなければなりません。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医に診てもらうことになります。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本的に保険が適用されるので約三千円とみれば良いでしょう。

従って、年間1、2万円くらいの維持費を用意しておきましょう。