インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

皆さんがインプラント治療をためらう

皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

おおむね保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差が出てきます。

また、歯科医院が技術料をどう見るかで費用が異なることも事実です。

また、定期的なメンテナンスも必要ことも念頭に置きましょう。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、再び手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は無視できないものがあります。

一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の一大関門となります。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は相当の妨げになります。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、思い切って、治療が終わるまでの間はがんばって禁煙に励みましょう。

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の負担が重くのしかかる方も決して少なくありません。

そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローンで支払いができる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。

全ての費用を現金一括払いできなくても、自分が希望する治療を始めることは実現できるようになりました。

どんなインプラントも当然、虫歯にはなりませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングが必ず求められます。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

自然に治ることはありませんので、即刻診断を受ける必要があります。