インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

現状では、インプラント治療のほとんどは

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用が負担となる方もずいぶん見受けます。

そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどと銘打って独自の分割払いを取り入れた歯科医院が増えています。

費用全てを現金で一度に支払えなくても、自分が希望する治療を始めることはできるケースが増えました。

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、費用がかさむことに尽きます。

ほとんどのケースは保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差はかなりありますし、自由診療なので、歯科医院ごとに相当差が開きます。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるということも覚えておきましょう。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多い治療法であるインプラント

ですが、難点もあるということに気を付けてください。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるということです。

これは重要な事実です。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラントの利用が不可能と診断される可能性は高いといえます。

注意してください。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は小さくないと覚悟してください。

インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療成功の絶対条件となります。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などはかなりマイナスに作用します。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、思い切って、治療が終わるまでの間はがんばって禁煙に励みましょう。

インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が残せれば冠状の義歯としてクラウンという義歯をはめられます。

これに対し、抜歯した後は、もし、入れ歯を採用しない場合、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を検討することになります。