インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

代表的なインプラント適用のケースは、他

代表的なインプラント適用のケースは、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないといったケースです。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすればブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これが、インプラントの埋入なら失った歯を直接再生する治療と言えます。

両隣の歯は健常なので、削りたくないという希望がある方には歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので維持費がかかることを知っておきましょう。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うことを指示されます。

メンテナンスの費用は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいかかります。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の出費は必要です。

混同されることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合はそもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

この点は、歯科医の技量や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、人と状況によりけりなのです。

歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みの治まる気配がないときは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、治療の選択肢がそれしかない方にすすめられる治療なのです。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を希望することになるというのが、多くの患者さんの実態です。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。