インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療が難しいとされる最

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗してもやり直しできないことが多い点です。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再度、大がかりな手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、手術時に神経を損傷する危険を伴います。

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。

その大きな原因は高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

ほとんどのケースは保険適用外で、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因でかなり費用が違うことも確かで、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることも事実です。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるといったことも他の歯科治療と異なります。

多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、当然ながらデメリットもあります。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

高くついた場合、数十万円にもなることも珍しくありません。

加えて、治療が失敗して健康被害が起きると、かなり深刻化する危険性も承知しておいてください。

ごくまれなことですが、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、前はしなかった口臭がするようになったということも歯科医院ではよくきかれます。

そうなる理由として、インプラントと隣の歯の間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているケースもあり得るのです。

より深刻な事態を食い止めるためにも、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

これは、人工物を埋め込んで周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることがほとんどです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことが治療を成功させるために必要です。