インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の費

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の費用が負担となる方もまだまだ多いのです。

それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどと銘打って独自の分割払いを取り入れた歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。

全ての費用を現金一括払いできなくても、インプラント治療の開始は十分可能になりました。

長年放っておいた虫歯があり、ついに歯を抜かなければならなくなりました。

ブリッジでもいいですよと言われましたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、治療を受ける決心がつきました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントが正解だったと思います。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は無視できないものがあります。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが次のステップに進むための条件です。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は相当の妨げになります。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間はがんばって禁煙に励みましょう。

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により以下に示す何通りかに分かれています。

骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっている1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療はかなりの費用を要することは確かです。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、その条件はとても厳しいのです。

治療のごく一部しか保険適用にならないのがどうしても高額になってしまう原因です。

安くできるケースで十数万円、難しいケースでは費用が数倍にもなる可能性があることをくれぐれも忘れないでください。