インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

多くのメリットを知られるインプラント治療。でも、そのマ

多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、そのマイナス面も知らなければなりません。

まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。

高くついた場合、数十万円にもなることもあり得ます。

加えて、治療が失敗して起こった問題は、相当深刻化する可能性があるデメリットも忘れないでください。

障害が残るばかりか、患者の死亡例も実際にあります。

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響はかなり大きいというべきでしょう。

インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の成否を分けます。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが確実にマイナスの作用があります。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙あるのみです。

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れを必要としないと考えてはいけません。

インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。

使われるのは部分麻酔で、麻酔のために入院することはまずありません。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院して手術するケースも実際にあります。

これらのどこかに当てはまる方は治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

インプラント治療は、あごの骨を掘って、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

見た目の問題を考えるとどちらかというとインプラントが優位に立ちます。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるデメリットも承知してください。