インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

保険適用外のインプラント治療に

保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。

普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって費用の差になってきますので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。

いろいろなデータの中でも重要なのはインプラント治療を受けた方からの評価です。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、大きな3つの関門があります。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

というのが大まかなプロセスです。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。

健康保険が使えることもまれにありますが、一般的なケースではなく、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが費用を押し上げる最大の原因です。

安くできるケースで十数万円、困難な治療が含まれると数倍の費用がかかるケースもあることをくれぐれも忘れないでください。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、デメリットも知った上で選択してください。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

難しいケースでは数十万円かかることも覚悟してください。

加えて、治療が失敗して起こった問題は、相当深刻化する可能性があるデメリットも忘れないでください。

障害を負うにとどまらず、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

インプラント治療の問題点を広く調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという説があったのではないでしょうか。

それは違います。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応しない性質を持っていて検査には問題ないのです。