インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療にかかる費用を合計すると

インプラント治療にかかる費用を合計すると標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

相場は地域によって異なります。

歯科医院の規模や、歯科医の評判も料金はずいぶん違ってきます。

複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療を始めても、決して遅くありません。

歯科医院決定に大事なのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の負担が重くのしかかる方もかなりいるようです。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローンで支払いができる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。

治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、インプラント治療の開始は実現できるようになりました。

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。

治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、必ず守るようにしてください。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

技術の進歩した今では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、歯がグラついて違和感を覚えるというケースも稀に報告されています。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に原因があると言ってよいでしょう。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯科で治療を受けるようにしましょう。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、あごの骨にインプラントを定着させるので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を大きく削り直すことになります。

インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を損傷する危険性もあります。