インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

近年、インプラントの治療件数が増えて

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその都度、費用がかかります。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うのが一般的です。

定期検診を受ける費用は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいかかります。

従って、年間1、2万円くらいの費用を支払うことになります。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨になじんで比較的安定しやすいため、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的な治療がスタートするので安全性を確認しながら治療を受けられます。

そして、治療終了後のメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

長年放っておいた虫歯があり、結局、歯を抜くことになってしまいました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、このような場合、インプラントにもできますと説明されインプラント治療に決めました。

結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

手術が終わってから、だんだんと隣の歯と同じように使えたのでインプラントにして良かったと思いました。

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医の治療を受けようとすれば海外で治療を受けるという手段もあります。

インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界中の歯科医が研修を受けています。

長期間快適に使える歯を手に入れるため、可能性を追求して、できる限りの情報を手に入れることをがんばってみましょう。