インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりま

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいとは言えません。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

残っている自分の歯と同じく、必要なお手入れをきちんと指導してもらい、セルフケアは欠かさないようにしましょう。

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえば術中の痛みが怖いと思います。

インプラント埋入手術では、術中、痛くて我慢できないことはまずありません。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから本格的に手術を始めるためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛くなってくることもあります。

頓服の痛み止めが処方されるため耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

ほとんどのケースは保険適用外で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差が出てきます。

また、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも思いの外費用は違ってきます。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるといったことも他の歯科治療と異なります。

今流行りのインプラント

一度埋め込めばその効果は原則的には一生持つとされていますが、現実的には、施術後のセルフケアと、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も左右されてしまうのです。

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。

インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医がどのような技量を持っているかで決定的な違いが出てくると考えられます。

インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと考えて欲しいのです。

歯科医選びに全力を尽くすことが治療全体の大きな部分を占めます。