インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療が、喫煙によって阻害され

インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性はかなり大きいというべきでしょう。

インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の成否を分けます。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も確実にマイナスの作用があります。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではつらくても禁煙するのが正解です。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の十分な検査を行い、結果を検討した上で初めて治療開始となるので納得した上で治療を始められます。

そして、治療終了後のメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクをゼロにすることはできません。

では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった外見が損なわれる可能性もあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終わるとその状態を保たなければならず、セルフケアを怠ってはなりません。

毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールは欠かせませんし、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが欠かせません。

どんな堅牢なインプラントでも、日頃のケア次第で歯周病になることは珍しくありません。

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスは自分の歯より楽と考えてはいけません。

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病を引き起こすこともあるのです。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、完璧なセルフケアを目指してください。

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。