インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療も万能ではなく、基本的

インプラント治療も万能ではなく、基本的には様々な事情から、他の治療が受けられない方にすすめられる治療なのです。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由で必然的にインプラント治療になるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントはより自然な噛み心地を得られるため食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を用いているのです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が不安なく進めていけるでしょう。

一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。

使われるのは部分麻酔で、麻酔のために入院することはまずありません。

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院が必要になることもあるので、注意してください。

自分が当てはまるという方は、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

インプラント治療にかかる費用を合計するとトータルで30万円から40万円と考えてください。

地域によってかなり料金は異なります。

また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費には大きな開きがあります。

費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。

できればいくつかの歯科医院を比べ、治療に取りかかることをすすめます。

ここで重視すべきなのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

高い費用も、一括払いには限りません。

分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども定期的に歯科医に診てもらう必要があるため維持費がかかることを知っておきましょう。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯科医に診てもらうことになります。

メンテナンスの費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円程度かかることが多いです。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を用意しておきましょう。