インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療完了後、

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、アフターケアが寿命を決定します。

日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールに注意を払い、さらにインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが必須条件です。

どんな堅牢なインプラントでも、普段のケアができなくなると歯周病になることは珍しくありません。

インプラントの利用を考える際に、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

その点は、担当医の技量に加え、患者さん自身のコンディションにもよるので、どうなると言い切ることはできず、結局、治療してみるまで分からないということになります。

歯科で鎮痛剤の処方を受け、患部を冷やすなどの処置をとっても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

人工歯としてのインプラントは虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはどこまでも続きます。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察してもらわなければなりません。

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。

実際のところまだ定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本来の歯同様の耐久性を得られるというのが多くの意見です。

とすれば、普段のメンテナンス次第でかなり長い間保たせることができますが、日頃のケアが行き届かないと維持できなくなる異常も起こりうると思ってください。

全てのインプラント患者にとって、治療費が気になるのは当然です。

ちょっと調べればわかりますが、治療費は統一されておらず、歯科医院によってずいぶん違っています。

保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。

歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場です。