インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

よく耳にするようになったインプラントは、ど

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。

その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。

インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの高レベルの医療技術を欠かすことは出来ません。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。

インプラントの手術してからしばらくの間、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが多いです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、インプラントがなじむまでの間は特に、すぐに歯科医に連絡することが治療を成功させるために必要です。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。

それでも保険適用外なのはインプラント治療をすすめようとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

これを保険適用にしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント

使用年数は原則的には一生持つとされていますが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

ろくに歯磨きもしないでいると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。

ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとインプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、それだけインプラントの使用可能年数も左右されてしまうのです。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント

その義歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを持ち合わせていなければなりません。

もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、技術的なコストもかかり、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。