インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントの特徴として虫歯の

インプラントの特徴として虫歯の危険性は全くありませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスを忘れることはできません。

もしも、インプラントの周りで腫れや出血があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから即刻診断を受ける必要があります。

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

この点は、歯科医の技量や、患者さん自身のコンディションにもよるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。

歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスをしなくて良いということにはなりません。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

自分の歯のお手入れと同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、まずは口腔内をきれいに保ってください。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使っているためです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費と考えてください。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安や誤解がないでしょう。

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが一般的な説です。

ということは、日頃のケアを欠かさなければ長い間自分の歯と同じように使えますが、日頃のケアが行き届かないと歯周病など、異常が起こることがあると考えなければなりません。