インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯の

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。

ずっと使い続けられるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が残せれば冠状の義歯としてクラウンという義歯をはめられます。

その一方で、歯を抜いてしまった場合もし、入れ歯を採用しない場合、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するというインプラント治療が候補となります。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間が経つにつれておさまってくるケースが自然な流れです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、インプラントがなじむまでの間は特に、速やかに歯科医の診断を受けることで早めの対応をしていきましょう。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント

その手術とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。

旧来の入れ歯と比べた場合、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の高レベルの医療技術が必須といえるでしょう。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということであり、その分高額になっているのです。

インプラント治療も医療行為ですが、保険適用になることはまずありません。

全額自己負担が普通ですが、医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして治療費を収入から引くことができます。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が支払いの証拠となるためなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年で申告することになるので、保管しておいてください。