インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は痛みが落ち着くまでは、安静に過ごすように努めましょう。

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらく行わないようにしましょう。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

運動を毎日のように行っている方は、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておきましょう。

インプラント治療はかなりの技術を要するので、ある程度のリスクを伴う治療です。

治療が失敗すると、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目を損なってしまう問題もあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はともかく慎重に決めてください。

新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント

しかし、この治療法も決して万能ではなく、制約もあるので覚えておきましょう。

それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

どうにもならない虫歯で、抜くしかなくなってしまいました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、治療を受ける決心がつきました。

保険がきかないため、高額になりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく違和感なく噛むことができるようになりこれで良かったと実感しています。

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、サボらず毎日のケアを行ってください。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。