インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

せっかく完了したインプラント治療も終われば後の手入

せっかく完了したインプラント治療も終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

不断のケアが求められます。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールを継続した上で異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらう必要はずっと続きます。

人工物のインプラントでも、ケアが十分でないといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

ご存じの通り、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。

医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に収入から医療費を控除されます。

確定申告をするときの注意点として歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が必ず要求されるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間が経つにつれておさまってくるケースが自然な流れです。

別の原因が隠れていることもあり得るため、インプラントがなじむまでの間は特に、歯科医の判断を仰ぐことを心がけてください。

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでたくさんの症例を治療してきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。

それだけでなく、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが歯科医を決めるためには重要なことです。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨との親和性が高く金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療を始めるのが普通ですから患者も納得し、安心して治療を開始できます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。