インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラ

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント

使用年数は普通にしていれば一生物などと言われますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も左右されてしまうのです。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根部が残っているかどうかの違いです。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が損なわれていなければ冠状の義歯としてクラウンをかぶせることが可能です。

しかし、根から抜いた場合は入れ歯もありますが、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むというインプラント治療が候補となります。

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の費用を一度に用意できない方も多いのが当然です。

それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名称で信販会社のローン商品を使える歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。

手持ちの資金が十分でなくても、インプラント治療に取りかかることは十分可能になりました。

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので維持費がかかることを知っておきましょう。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医に診てもらうことになります。

定期検診にかかるお金は保険適用の治療が基本となり三千円くらいかかります。

従って、年間1、2万円くらいの出費は必要です。

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。

ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、その条件はとても厳しいのです。

検査など、治療の一部しか保険がきかないのが費用を押し上げる最大の原因です。

安い材質、安い治療で済ませても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを承知しておく必要があります。