インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

様々なインプラント治療の問題

様々なインプラント治療の問題点を皆さん、入念に調べたと思います。

その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないといった口コミがあったかもしれません。

それは気にしないでください。

確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査で問題になることはまずありません。

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の技量は厳しく問われるので大きく違ってくると言うべきです。

インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だということを理解してください。

歯科医選びに全力を尽くすことがインプラント治療の結果を左右するのです。

どうにも入れ歯がしっくりこない、または単純に入れ歯は嫌という方には選択肢としてインプラント治療があります。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつける治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感を要求する方に向いています。

インプラント治療の大きな問題は、費用の問題も大きいと思います。

おおむね保険適用外で、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差が出てきます。

また、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることはもちろんです。

また、定期的なメンテナンスも必要という点にも注意が必要です。

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、一般的なケースではなく、普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を避けられない理由です。

安い材質、安い治療で済ませても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを肝に銘じておかなければなりません。