インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

年々進化を続けるインプラントの技術。近頃では

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。

義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、噛んでいるとグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。

これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに起因することが多いといえます。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはまずないと考えてください。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な印象を与えるのでインプラントだとカミングアウトしなければもしかしたら義歯かと思われる心配もまずないと思って良いでしょう。

義歯だと思われたくない方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根部からほぼ元通りになる人工の歯を作ることだと考えてください。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根を骨に埋め込むことによって自分の歯と同じような強度があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費が高額になることは問題点です。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので当然、その度に費用を支払います。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うことを指示されます。

定期検診を受ける費用は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいと考えてください。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を用意しておきましょう。

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスをしなくて良いと思ったら大間違いです。

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、まずは口腔内をきれいに保ってください。

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。